料金改定・・・1円を笑う者は

こんにちは。
早いもので 2022年になり 今日からもう2月です。
積雪も多いこの冬になっていますが、皆様の地域・ご自宅は
快適にお過ごしの環境でしょうか?!(^^)!

さて、料金改定 

とはいえ当社の料金改定ではございませんのでご安心を(*^-^)b

既にご存知かと思いますが 昨年より、2022,1.17より ゆうちょ銀行での
小銭の預け入れに手数料がかかる。ちょっとショックです。
その改定後の料金が、下記です。
ATMでの預け入れ 窓口での取り扱い
1~25枚 110円 1~50枚 無料
26~50枚 220円 51~100枚 550円
51~100枚 330円 101~500枚 825円
※1回の預け入れ            100枚まで 501~1000枚 1100円
以降500枚ごと 550円
せっかく無料で預け入れができたのに!
小銭貯金にも励んでいたのに・・。
どうして??
色々、読んだり調べたりしてみました。
ゆうちょ銀行が、手数料の導入を決めた理由のひとつには、
硬貨の枚数を数える専用機器の維持コストが膨らんでいたことがあるそうです。

ゆうちょ銀行では、店舗の窓口で硬貨の預け入れや振り込みを受け付けると専用の機器で、

硬貨の種類ごとに枚数を数え、合計金額を計算するそうです。

(ATMにも同じような機能を持つ機器も)

そこに古くなった硬貨が、変形していたり汚れがついていたりした場合、機器が故障しやすくなり

ここ最近は、故障が急激に増えていたということです。

故障した機器の修理費に加え、持ち込まれた硬貨の輸送や保管にもコストがかさむようになり、

負担は年間数億円にのぼっていたということです。

ほうほう、そうなんですね。と、残念ながらも納得せざるを得ないのでしょうね。

ちなみに。。と他銀行の手数料も調べてみたので。

職業上など使う頻度が多い方はすでにおわかりですね。

T銀行

改定後
硬貨の合計枚数 手数料
1枚~50枚 無料
51枚~500枚 550円
501枚~1,000枚 1,100円
以降1~500枚増す毎に550円ずつ加算

【店頭両替手数料・硬貨入金手数料・指定金種払戻手数料】                      (税込)

 

D銀行(もう改定されていますので、改定後をご覧ください)

お取扱い枚数(※)

現行

改定後

1枚~50枚

無料

無料

51枚~1,000枚

330円

550

1,001枚~

1,000枚以内増す毎に

330円ずつ加算

1,000枚以内増す毎に

550ずつ加算

ほんの少しずつ違うのですね。
それでも、以前テレビで「どうなるか」という検証をしていましたが
小銭貯金持ち込んで 1万円以上あったのに 手数料をひかれたらほんのわずかな金額が
手元に残った”(-”"-)”と。
上手に小銭も管理しなければいけませんね。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
また寒気がやってくるなんて予報もありました。
皆様、どうぞご自愛くださいませ。